大好きな青汁のアレンジ方法なども掲載中です。

青汁で簡単おやつ♪

青汁って、普通はコップ一杯のお水に溶かして飲むと思います。
でも、コップ一杯飲み干すのって、楽な人には楽だけど苦しい人には結構苦しかったりするんですよね。

その日の気分や体調でいまいちお水が喉を通らなかったりなんてこともあると思います。
それに、お子さんに飲ませたいとき、そもそもお子さんは青汁ってだけでもう嫌がったりするんじゃないでしょうか。

我が家では青汁を色々とアレンジして、おやつにしたりします。
それをちょっとずつここでご紹介していきたいと思います。

草団子ならぬ青汁団子

題して、「青汁団子」。
kusamochi_dango

作り方は本当に簡単。青汁の粉を、白玉団子に練りこむんです。

白玉団子の素は、スーパーでも普通に売られています。
日頃ちょっとしたおやつに作っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それに適量の青汁の粉を加えてよく練って、あとは通常通りにお湯でゆでるだけで、青汁団子は完成です。
この「適量」というのは、大体白玉粉1パックに対して青汁の粉スティック一本程度を想定していますが、好みや青汁の種類によって違うと思いますので、まずは少量から試してみることをお勧めします。

このようにして作った白玉団子は草団子のような見た目になります。
これならお子さんも抵抗なく食べてくれるのではないでしょうか。

シンプルにあんこを載せて食べるもよし、もちろんきなこもよし、ちょっと贅沢にフルーツと一緒にあんみつ風、またはお子さんも大好きなフルーツポンチに浮かべてみてもいいと思います。

ちょっと中級テクですが、あんこを包んでからゆでるのもいいですね。
また、スイーツにするだけではなくて、お味噌汁やお吸い物などに浮かべるのもおすすめ。

お団子自体にはほとんど味はありませんから、お料理の風味を変えてしまうことはなく、生麩のような感覚でおいしく召し上がれると思いますので、是非試してみてください。

妊婦さんも飲める青汁はこちら